日産スカイライン 値引き 千葉

日産スカイラインの値引きは、競合のあの車を使って攻める

 

伝統のスポーツセダン、日産スカイライン
運転の楽しさを追求しながらも、同時に安全性を追求しているスポーティセダンです。現行型(2014年型)は、北米市場に力を入れたためか、ボディは大型化しました。が、V型6気筒3500ccエンジンベースのハイブリッドも設定されているんですよね。走行性能は大幅にアップしています。

 

スカイラインを値引きしてもらうポイント

 

スカイラインの乗り出し価格は?

 

タイプPの見積もり例です。

 

※最上級のハイブリッドタイプSPは割高感があって、標準仕様は安全装備が乏しいんですよね。選ぶならタイプPでしょうか。

 

車両本体価格

4,632,000円

車両本体消費税

370,560円

自動車税(年額)

58,000円

自動車取得税

125,000円

自動車重量税

30,000円

自賠責保険

40,040円

リサイクル料金

12,020円

登録諸費用(概算)

50,000円

支払合計

5,317,620円

 

交渉苦手な人の値引き戦術とは?

 

競合のレクサスGS450hと同時に見積もりをとって、ディーラー間で競争させる作戦が有効だと思います。

 

重要なのは、スカイラインとレクサス、値段が安い方に決めるんですという態度をアピールすることがポイントになります。

 

スカイラインを買う気まんまんのお客には、ディーラーもムリな値引きをしてこないんですよね。

 

まずは、日産ディーラーとレクサスディーラーに通って、見積を手に入れましょう。トヨタのクラウンアスリートのハイブリッドと競合させるという手もあります。

 

ディーラーまで行くのちょっと面倒だなぁ、というあなたはオンライン見積もりでサクッとライバル車の見積もりをとってもいいかも。

 

★見積はオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる

 

どのくらい値引きしてもらえる?

 

値引き目標額は
8万円~9万円
です。

 

今のところ、値引き幅は小さめ。人気車ですからね。競合車と競争させる作戦で、値引きしてもらいましょう。

 

さらに値引きするには?

 

もともとあまり値引きは望めない車ですが、そろそろ値引きも難しいかなーと思ったら、次はあなたが今乗っている愛車の下取り価格を上げていきましょう。ディーラーや中古車販売店の下取りはNG。買い叩かれる可能性大です。間違いないのは、複数の中古車買取専門業者に査定依頼して、イチバンの高値をつけた業者に売る一括査定です。交渉力不要で、らくらく最高値で愛車を売れますよ。

スカイラインの下取り車を高く売るためには?

日産スカイラインの値引き術。競合は○◯!

日産スカイラインの値引き術。競合は○◯!

2014年2月にフルモデルチェンジしたスカイラインは、しばらくの間大きな変更はないはずなので、大きく値崩れすることはないと思います。マークXにハイブリッドが追加される予定もないので、スカイラインセダンは今が狙い目。さすがの運転性能に加えて、ミリ波レーダーを使った衝突回避支援や自動ブレーキなどの安全装備も搭載しているですよね。ぬかりないって感じです。また、フーガハイブリッドやレクサスGS450hでは、ベースのV6エンジンに比べてハイブリッドは約90万円差ですが、スカイラインは約40万円。割安感がありますね。

関連ページ

シルフィを値引きする方法は?
シルフィは運転がしやすく快適なミドルセダン。どうやって値引きしてもらえばいいんでしょうか?
エクストレイルを値引きする方法※査定は鎌ヶ谷で?
適度な野性味を持つ定番のSUV、エクストレイル。人気者ですが、どうやって値引きすればいいんでしょうか?査定は鎌ヶ谷でやるとすると?
デイズの値引き方法は?※千葉市若葉区周辺
軽自動車らしからぬ内装が魅力のデイズ。値引きはどんなふうに進めればいいんでしょうか?千葉市若葉区周辺なら?